【営業再開情報】道の駅さかもと(熊本県)“プレオープン”してます

道の駅さかもと 九州道の駅ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

道の駅さかもと営業再開

2020年7月に発生した『令和2年7月豪雨』で

大きな被害が出ていた熊本県の道の駅

『道の駅さかもと』

道の駅坂本

近くにある『さかもと温泉センタークレオン』にて仮設営業をされてましたが

2021年6月3日、もともとあった場所で営業を再開されました。

現状では、“営業再開”という形ではなく

“プレオープン”という形を取られています。

 

道の駅さかもと基本情報はこちら↓↓↓

国道219号線

2020年7月に発生した水害以降、道の駅さかもとの

目の前の道、国道219号線は

『一般車両通行止め』となっています。

道の駅さかもと

↑このような看板が何か所かに設置されています。

そのため、“表向き”では道の駅さかもとへ行くルートがないということになるため

道の駅側からは、「営業再開したので来てください」と言えない状態です。

そのため“プレオープン”という表現になっているようです。

駅長さんの悔しい気持ちが痛いほど伝わってきました。

 

周辺の被害はかなりひどいもので想像を絶しています。
(この辺の地域が被害がこんなに深刻な事は地元のテレビでもあまり報道されていません。)

 

国土交通省の方では、一般車両通行止めとなっていて

2021年6月現在、通行止めの解除の目処は立っていませんが

道路自体は、復旧工事が進められていて

片側通行などの区間はあるものの通れない場所はありません。

 

このような状態なので道の駅さかもとまでは

「行ける!」とも「行けない!」とも

言えない状況となっています。

 

※日奈久・二見線は通行可能なので

仮設営業をされていた「クレオン」までは

「行ける」ということになっていたのですが

クレオン方面から道の駅さかもとへ行く際にも

途中から国道219号線になるので、こちらも表向きは

一般車両通行止めという形となります。

坂本町復興へのお手伝い

道の駅さかもとでは、水害の被害状況などをまとめた冊子を販売されてます。

1冊300円。

道の駅さかもと

売上金は、坂本町の復興に役立てられます。

“地域のものを買う”、こういった“冊子の販売に協力する”

これも1つの『支援』という形ではないでしょうか。

 

地域の畑などが使えなくなっている場所も多く

農作物の収穫などが少なくなっておりお野菜などは

別の地域のものなどが少しだけ販売されている状況ですが

野菜などの販売もあります。

それを“購入する”というのも良いですね。

その他情報

  • スタンプは物産館内で押すことができます。
  • 道の駅切符の購入も可能です。
  • 記念切符の販売はなく、指定券のみの販売です。
  • お食事処は、まだ休業されています。
  • トイレは仮設トイレとなっています。

(2021年6月上旬の状況です。)

 

1日も早く、『営業再開』と大きな声で言える日が

訪れることを心より願っております。

 

道の駅さかもと基本情報はこちら↓↓↓

スポンサーリンク
九州道の駅ニュース
スポンサーリンク
シェアする
くまもと道の駅.comをフォローする
くまもと道の駅.com
タイトルとURLをコピーしました